FC2ブログ
スタイルシートサンプル

高齢化社会に於ける地域振興と雇用創出をテーマに高齢者同士元気付けるBlog創りを目指します。・・・「お役に立ちます」は只今工事中!!!ご迷惑をおかけします。
facebook
twitter
google +
youtube
rss
Social Icon ブログパーツ
プライベート・デザイン・ブラン-Smart Value More
Smart Value Moreというプライベート・デザイン・ブランドを立ち上げました。
工業デザイン(自動車・時計等)、商業デザイン(ロゴ・キャラクター・POP等)、ご依頼無料、報酬は出来高払い。

あわやのニアミス(横浜地検川崎支部逃走犯)

集団強姦や強盗などの疑いで勾留手続き中の容疑者の逃走劇がこれほど騒がれるのもめずらしいのではないか。
その経緯から手口までの稚拙さもさながら、マスコミから流された顔写真の露出も異様だ。
犯罪に対する容赦無さと再発防止に対する警戒心に異論は挟まないが、近隣の住人や観衆を巻き込んだマスコミ報道の様相はまるで司法警察と容疑者に対する集団リンチのように思われた。
47時間に及ぶ逃走劇の末、寒さに震えながら「確保」された容疑者が潜伏していた場所は横浜市泉区の新幹線高架下にある和泉川のほとりの雑木林内だった。
2005g1_3.jpg TVに映し出された現場はその映像から当に閑静な片田舎の一郭と思わせたのも当然で、実は横浜市の環境復興事業である日本の美しい原風景を残すまちづくり!川づくり計画に根ざした地域だったのだ。
僅か数十m先には日向山団地と言う泉区有数の住宅地区が形成されている。
一部の報道が驚愕と共に注目していたのは、4,000人体制の警備網を掻い潜って川崎から22キロも離れた横浜の片田舎?に逃走した経路とその移動手段だ。
白いバイクに二人乗りする姿を目撃されたとも言う。
だが、それが一体何だって言うんだろう。
たった1週間前我々は何を見て、何に感動していただろうか?
丸の内から箱根までの往復10区220kmを11時間を切って走りきった箱根駅伝だ。
一人頭22キロを1時間で駆け抜けるあれである。
たかが4,000人(それも制服姿)の目を避けさえすれば、47時間も掛けずに這ってでも行ける行程なのである。
同じ泉区内の家を出て、車で職場のある日向山団地近辺に差し掛かる頃からつじつじに立つ制服姿がやけに目立つと感じてはいたが、カーラジオで容疑者逮捕の報を聞くまではこのような活動劇が繰り広げられているとは思いも寄らないことであった。
潜伏していた場所から最短で200mの路上を通過したのは容疑者確保のその瞬間の丁度2時間ほど前だった。

スポンサーサイト



深谷通信隊跡地

横浜市泉区の一郭、航空写真に忽然と現れたのは宇宙基地か、ナスカの地上絵か?

これは深谷通信所(ふかやつうしんじょ)と言って、神奈川県横浜市泉区和泉町と中田町に位置する773,747m²の在日米海軍の通信基地跡である。
旧日本海軍の通信基地として使用されていたものが、終戦により米海軍に接収され、在日米海軍
厚木航空施設司令部の管理下で送信施設として使用されていた(受信は横浜市旭区瀬谷区上瀬谷通信施設)が、現在は部隊が撤退し遊休地化している。
旧日本海軍時代に電波干渉を防ぐため円形状に用地買収され、米海軍がその形のまま接収している。
事務所等やアンテナ部分の囲障区域(フェンス等で囲まれた内側)は立入禁止区域となっているが、囲障区域外は野球場、ゲートボール場、菜園耕作等の使用が認められているほか
神奈川県道402号阿久和鎌倉線が通過しており一般の通行が認められている。
(by Wikipedia)


実は8年前に日米間で返還方針が合意されたが未返還のまま。
返還時期は未定。
市では国や住民との調整を図りつつ、跡地利用指針等を策定している。
続きを読むに跡地利用に関するキャンペーンや企画コンテストの記事を書こうと思っている。

戸塚競馬場跡地

地図の 真ん中程にひょうたん型に隆起している部分が分かりますか? 

tenpoint.jpgdeepimpact.jpg

競馬好きの小生が産声を上げた頃、府中や中山より近く、伊勢崎町のWINS横浜より更に近く、我が家より歩いて5分ほどのこの辺りにあったTurf をかって本物のサラブレッドが駆け回っていたんですね !! 正に感激です。

戸塚競馬場(神奈川県鎌倉郡戸塚町):1938年開設。
1939年、軍馬資源保護法の鍛錬馬場に指定される。
1942年、汲沢に移転。向正面が凹んだ特異な形態の競馬場であった。
1948年から1950年まで神奈川県営競馬・横浜市営競馬・川崎市営競馬・平塚市営競馬が延べ16回開催された。
1950年、川崎競馬場が駅前の現在地に移転して再開するとともに休止、1954年廃止。
現在の横浜市戸塚区吉田町周辺の跡地は日立製作所横浜工場、東戸塚小学校などに、汲沢の跡地は汲沢団地等となっている 
(by Wikipedia)

此処から発信してます


市営地下鉄中田駅まで徒歩で約10分、JR戸塚駅まで約3km、小田急線長後、湘南台まで約5kmの距離に我が家はある。
戸塚駅近辺とは標高では約50m程高台にあり、
近隣に家が建つ前は富士が一望できた。
公園や私設の緑地に囲まれた閑静な住宅地である。

ハローワーク・戸塚

250px-Tokaido05_Totsuka.jpg東海道五十三次の5番目の宿場・戸塚宿の「とつか」の地名の由来は冨塚八幡宮にあるとされる。
冨塚八幡宮は旧国道1号線をJR戸塚駅の踏み切りから小田原方面へおよそ1キロほど下った沿線の小高い山の中腹に在る。
Tomiduka-Hachimangu(Yokohama).jpg創建は延久4年(1072年)、源頼義義家父子が前九年の役平定のため奥州下向の折りにこの地に露営した際、夢の中で応神天皇(誉田別命)及び富属彦命の神託を授かり、その加護によって戦功を収めたため、山中腹に社殿を造り、両祭神を勧請したもの。 
境内山頂に主祭神の一人である富属彦命(とつぎひこのみこと)の古墳があると伝えられ、これを「冨塚」と呼んだことがその名の由来とされている。
(by Wikipedia)

その冨塚八幡宮の緑地の一角に戸塚ハローワークはある。
QgeBOO3luZRYEh71354610713_1354610727.jpg以前訪れたのはおよそ30年前、昔はハローワークなどと言う横文字の名前ではなく「職安」と言った。
当に路頭に迷っての駆け込みであった事を記憶している。
それ以来お世話になることはなかったのは65年の人生の中でも幸いなことだったと思う。
今ではすっかり昔のイメージも面影も無く、鉄筋コンクリート造りの明るい雰囲気で迎えてくれた。
今回は正真正銘の定年退職による離職届けをするのが目的である。
これから以降も身体の続く限りは働くつもりであるが、表舞台からの引退を表明する儀式のようなものだ。
周りを見渡せば、まだ先のありそうな面々が大勢を占め、その真剣さがヒシヒシと伝わってくる中、何故か身を竦める思いがしてならなかった。


こんどは旧国道1号線を遡ること300メートル、国道に沿って流れる柏尾川に掛かる駒立て橋を渡った辺り(吉田町)、現在komatate.jpg日立製作がある辺りとされるが、昭和8年(1933年)に神奈川県畜産組合連合会の経営する競馬場ができ、競馬の開催される3月と9月に訪れる、たくさんの見物客のために戸塚駅の東側に改札口を設けたのが東口のはじまりとされる。
昭和12年(1932年)のことです。
きゅう舎は矢部町の善了寺近くにあり、出走馬はそこから競馬場に向かう途中、この橋付近で支度を整えたところから、駒を仕立てる橋ということで「駒立橋」と呼ばれるようになったとか。
競馬場は戦時中、軍用馬の訓練場に変わり、昭和17年(1942年)に汲沢に移転。
戦後再開され人気を得ましたが、川崎に新しく競馬場が作られるのを機に、昭和25年(1950年)で戸塚競馬は事実上の閉幕となりました。
現在、吉田町の競馬場跡は日立製作所、汲沢の跡地は戸塚高校になっています。

 

 




 
マイプロフィール

ヴァリュモア

Author:ヴァリュモア
本年10月に迎えた65歳を期に40年以上に及ぶサラリーマン生活に終止符を打ち、地元横浜市泉区で"ゆたっくりずむ"人生を開始しました。

歩く人、走る人、呟く人

新着コメント
QRコード
QR