FC2ブログ
スタイルシートサンプル

高齢化社会に於ける地域振興と雇用創出をテーマに高齢者同士元気付けるBlog創りを目指します。・・・「お役に立ちます」は只今工事中!!!ご迷惑をおかけします。
facebook
twitter
google +
youtube
rss
Social Icon ブログパーツ
プライベート・デザイン・ブラン-Smart Value More
Smart Value Moreというプライベート・デザイン・ブランドを立ち上げました。
工業デザイン(自動車・時計等)、商業デザイン(ロゴ・キャラクター・POP等)、ご依頼無料、報酬は出来高払い。
月別アーカイブ  [ 2014年01月 ] 

あわやのニアミス(横浜地検川崎支部逃走犯)

集団強姦や強盗などの疑いで勾留手続き中の容疑者の逃走劇がこれほど騒がれるのもめずらしいのではないか。
その経緯から手口までの稚拙さもさながら、マスコミから流された顔写真の露出も異様だ。
犯罪に対する容赦無さと再発防止に対する警戒心に異論は挟まないが、近隣の住人や観衆を巻き込んだマスコミ報道の様相はまるで司法警察と容疑者に対する集団リンチのように思われた。
47時間に及ぶ逃走劇の末、寒さに震えながら「確保」された容疑者が潜伏していた場所は横浜市泉区の新幹線高架下にある和泉川のほとりの雑木林内だった。
2005g1_3.jpg TVに映し出された現場はその映像から当に閑静な片田舎の一郭と思わせたのも当然で、実は横浜市の環境復興事業である日本の美しい原風景を残すまちづくり!川づくり計画に根ざした地域だったのだ。
僅か数十m先には日向山団地と言う泉区有数の住宅地区が形成されている。
一部の報道が驚愕と共に注目していたのは、4,000人体制の警備網を掻い潜って川崎から22キロも離れた横浜の片田舎?に逃走した経路とその移動手段だ。
白いバイクに二人乗りする姿を目撃されたとも言う。
だが、それが一体何だって言うんだろう。
たった1週間前我々は何を見て、何に感動していただろうか?
丸の内から箱根までの往復10区220kmを11時間を切って走りきった箱根駅伝だ。
一人頭22キロを1時間で駆け抜けるあれである。
たかが4,000人(それも制服姿)の目を避けさえすれば、47時間も掛けずに這ってでも行ける行程なのである。
同じ泉区内の家を出て、車で職場のある日向山団地近辺に差し掛かる頃からつじつじに立つ制服姿がやけに目立つと感じてはいたが、カーラジオで容疑者逮捕の報を聞くまではこのような活動劇が繰り広げられているとは思いも寄らないことであった。
潜伏していた場所から最短で200mの路上を通過したのは容疑者確保のその瞬間の丁度2時間ほど前だった。

スポンサーサイト



マイプロフィール

ヴァリュモア

Author:ヴァリュモア
本年10月に迎えた65歳を期に40年以上に及ぶサラリーマン生活に終止符を打ち、地元横浜市泉区で"ゆたっくりずむ"人生を開始しました。

歩く人、走る人、呟く人

新着コメント
QRコード
QR